スリーピーホロウ

皆さま、明けましておめでとうございます。

 

お正月は少しでもゆっくり出来たでしょうか?

 

冬ですからね、今夜はシチューにしようかな。なんて考えてますけどね。シチューのジャガイモで口の中を火傷したいな。なんて考えてますけどね。

ヨシです:)

 

さて、今回ご紹介する映画は、「スリーピーホロウ」です!!

 

f:id:YOSHI-D:20171217181701j:plain

                                          出典:Amazon co.jp.                                                                                                                                                 "

なんと申し上げたら良いか、今回の映画もホラー映画でございます。

初回から2回連続でホラー映画の紹介です、、!!

 

しかしながら、こちらの作品はアカデミー賞美術賞を獲得しているほど、その世界感が美しくダークに作り上げられているのです。

 

本作を監督しているのは根暗界のスーパースター、ティム・バートン

彼の作品は「シザーハンズ」「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」「バットマン」「ビッグフィッシュ」などなど、どれも素晴らしいのですが、その中でもスリーピーホロウを一番に挙げる方も少なくないと信じております!

初期の作品、「ピーウィーの大冒険」も個人的には素晴らしい映画と思っております。

非常にポップな作品ですので、機会のある方はぜひ!

 

さらに製作総指揮を務めたのは映画界の巨人、フランシス・フォード・コッポラ

製作にも錚々たるメンツが揃っております。

 

さて、主演はジョニー・デップ。

あえて説明はしません!メガトン級のスーパースターです!

彼の役作りは毎回凄まじいのですが、個人的には「ナインスゲート」のジョニー・デップが一番好きです。

 

ヒロインはクリスティーナ・リッチ

アダムス・ファミリー」では素晴らしいゴシック少女を演じております。

彼女はヘレナ・ボナム・カーターウィノナ・ライダーと並んで、ゴシックな雰囲気を纏った数少ないハリウッド女優でございます。

 

さて、あらすじはというと、

1799年のニューヨーク、概存の捜査や裁判に不満を抱く刑事、イカボット・クレーンが上司(クリストファー・リー!!)に科学を用いた捜査を提案すると、上司から、ニューヨーク近郊で起きている殺人事件を解決して、科学的な捜査の有効性を証明するよう命令されます。

 

馬車に揺られたどり着いたのは、深い霧が立ち込めるスリーピーホロウと言う村。

そこでは、夜になると、自分の失った頭を探して、首なし騎士が馬に乗って現れる。という伝説がありました。今回の被害者も、全員死体から首だけが無くなった姿で発見されていました。

村の長たちは心底震え上がり、今回の殺人事件の犯人は首無し騎士だと、口を揃えます。

理系のイカボットクレーンは、そんな迷信じみたことを信じるはずもありません。

しかし、彼が捜査を始め、少しづつ真実に近づいていくと、ついに彼の元にも首無し騎士が現れ。。。

 

というお話。

 

本作の首無し騎士ですが、めちゃくちゃ恐いです。。R指定ものです。

元は戦争の英雄で、剣術の達人。銃弾も効かず、何のためらいも無く人の首を刎ねる。。

敵ながら天晴れ!と言いたい所ですが、観ていると膝がガクガクしてしまいます。

 

弱点と言えば、川を渡ることが出来ないのと、教会には入ってこれないことぐらいです。

 

そんな無敵な敵にひょろひょろの理系の刑事が果敢に挑んでいく。

そこも見所の一つでしょうか。

 

また、所々イカボットの夢のシーンが出てきますが、これがまたカラフルかつ幻想的でですね、素晴らしいコントラストを演出しております。

 

本作はゴシック映画の名作でございます。

機会がある方はぜひ!!

 

ではごきげんよう!!